日記

2021-11-25 22:37:00

【エッセイ 深夜の訪問者】211125(木)

DSC_2115.jpg

<パリのとある商店の招きねこ写真は本文と関係ありません>

 

【エッセイ 深夜の訪問者】

 

ある夏の丑三つ時

シャッター雨戸を開けたまま

一人物書きをしていた

窓の外は暗闇一色

部屋の明かりと物音が

闇の中に鎮まるころ

窓ガラスに

大きな目が光った

 

三毛のノラ猫だ

身体が固まったように

部屋の中をじっと見つめる

暗闇の中の置物なのか

微動だにしない

 

やがて三毛猫は

黙って去っていった

深夜の予期せぬ

訪問者だった